防災セット・防災グッズ 人気商品ランキング

京都大学在学中から塾講師として活躍する小川大介さん。
2000年に設立した「個別指導教室 SS-1」では悩める親子に寄り添い、
数多くの子どもたちを志望中学へ導いてきました。
そんな受験教育の最前線に立つ小川さんにココチモオリジナル
「しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ ネオビジョン」を試していただきました。
知育はもちろん、中学受験まで見据えた地球儀の使い方は、まさに目からウロコ!子育て世代必見です!

小川大介 おがわだいすけ 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』主任相談員。
京都大学在学中より、大学受験予備校や大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。
2000年、中学受験専門の「個別指導教室SS-1」を設立。
代表として同教室を率いる一方で、子育て、人材育成に関する講演や執筆活動にも力を入れている。『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)など著書多数。

子育て世代のスタッフがわが子の学習と重ねて、
熱くインタビュー!

ココチモスタッフ・櫻井年長の娘の小学校入学のための学習準備にソワソワ。
けれど、具体的にはどうしたらいいかわからない迷える母。

ココチモスタッフ・佐々木3歳の息子の子育て真っ最中。まだまだ先のこととは思いながら○十年前との隔世の感に驚き、 自身も中学受験経験者ながら、先々どうしようかと考える日々。

ココチモライター・早川高校生の息子と中学生の娘を持つスタッフ最年長ママ。
思春期の子育ての難しさを痛感しつつ、現在も子どものやる気を引き出す方法を模索中。

ーきょうはよろしくお願いします。私には年長の娘がおりまして、子どもの学力アップの方法は非常に気になります(スタッフ櫻井)。

よろしくお願いします。お子さんの成績や将来は気になって当然ですよね。中学受験を本格的に考え始めると「どこの塾に通えばいいのか」「どんな教材を使ったらいいのか」と、さらに気をもまれるでしょう。

ー小学校できちんと勉強できるのか、すでに心配です。ご著書で「頭がいい子の家のリビングには図鑑、辞書、地図、そして地球儀がある」と拝読し、うちの子にもココチモの「しゃべる地球儀」を用意しました。(櫻井)

いいですね。地球儀は必需品ですよ。うちに来るお子さんのタイプは大きく2つにわかれます。最難関校を狙ってさらに高みを目指す組と、勉強が嫌で仕方がないけれど公立中学には行きたくない組。同じ学年でもスタートラインがまったく違い、小学3年生までに培われたものの大きさを感じます。つまり、塾に来る前にご家庭でできることがたくさんあるんです。幼児期に学ぶ姿勢を身につければ、極端な話、塾に来なくてもいいくらい小学校、中学校で成績が伸びます。そう気づいて以来、保護者の方を対象に「子どもの学習能力の伸ばし方」について講演や執筆活動を行っています。この方法が浸透したら、正直、商売上がったりなんですけどね(笑)。それでも、子どもたちに勉強を嫌いになってほしくない。本来、学びは楽しいものですからね。

ー初対面でこの子は伸びると感じるのは、どんなお子さんですか?(ライター早川)

お子さんというより、まず親御さんですね。ご両親が子どもを自分の分身ではなく、ひとりの人間として見て、長所と短所をバランスよく話せるご家庭のお子さんには可能性を感じます。親から「あなたはこういうことが得意よね」「すごいよね」と認められている子は、なんにでも自信を持ってチャレンジします。あと「熱中力」のある子ですね。

ー「熱中力」ですか!(3人同時に)

はい。自分が興味をもったことに没頭する力です。ひたすら虫の数を数えたり、レシピブックを眺めたり……なんでもいい。幼児期に時間を忘れてどっぷりのめりこむ経験を積むと、おのずと集中力が鍛えられます。集中力の筋トレみたいなもんですね。

受験を耐えうる集中力と耐久力は、遊びでしか培われません。

ー遊びながら鍛えるんですね。(櫻井)

というか、遊びでしか培われません。親が無理矢理やらせたことでは得られませんから。私にも5年生の息子がいて、鉄道が大好きなんです。5歳でタブレットPCの使い方を教えたら、ナビタイムで全国の新幹線の駅を調べ倒し、小学校1年生で47都道府県を漢字で書けるようになりましたよ。

ーそれはすごい!(スタッフ佐々木)

好きなことで頑張れる素地を作った子は、決められたことを最後までやりきる力があり、高学年でぐーっと成績が伸びます。逆にね、勉強量はこなしているのにイマイチ伸びない子は、小さい頃、週に5日も6日も習い事に行かされているケースが多い。時間を忘れてどっぷり遊んだ経験が足りないんです。教育熱心な親御さんが陥りやすい罠ですね。

ー親はどうしても「勉強しなさい」と言ってしまいがちですよね。(早川)

ー親はどうしても「勉強しなさい」と言ってしまいがちですよね。(早川)

そう、そこが違うんです!遊びと学びを分けないでほしいんですよね。リビングに図鑑、辞書、地図、地球儀があれば、生活のなかに学びを取り入れやすくなります。かく言う僕の家にも地球儀がありました。うちは両親と子ども3人、祖父母の7人家族でね。リビング……そんなシャレたもんじゃなく「茶の間」ですね。茶の間には家族共有の本棚があり、壁に日本地図、テレビの横に地球儀がありました。兄弟3人で「誰が一番早く回せるか」とブンブン回して遊んだり、テレビでトラを見た母が「加藤清正ってトラ狩りしたやんか。
日本にもトラがいたんやな」といえば、父が「いやいや、あれは朝鮮出兵のときの話やから、ここらあたりや」と朝鮮半島を見せてくれたり。地球儀をおもちゃ代わりに育ちました。

「勉強しなさい」と言う代わりに、リビングに地球儀を置いてください

ーお茶の間のなかに遊びと学習がごちゃ混ぜにあったんですね。(早川)

茶の間でうっすらと得た知識が小学校、中学校の社会や理科の授業と結びついたとき、「あ、これ知ってる!」となるでしょ。知っていることは嬉しいし、先生や友達に「すごいね」と褒められる。自信がついて、さらに勉強が楽しくなる。これが頭のいい子のサイクルです。「勉強せい」と言うなら、リビングに地球儀を置いてほしいですね。子どもは与えられて賢くなるものではありません。テレビを見て「リビアってどこ?」と地球儀に触れ、「紅海をタンカーが通るの? すっごい狭いじゃん、ぶつからないの?」と目で見ることで、字で読むよりずっと深く理解できます。大人と違って子どもの場合は、言葉から得られる情報量が圧倒的に少ない。地球儀を見て、触れるのが大事なんです。

ー「しゃべる地球儀」はいかがですか?(櫻井)

いいですね! タッチペンで国を指すと地球儀が勝手にしゃべるなんて、子どもにとっては格好のおもちゃですよ。おもしろがってボタンを押しまくるでしょうね。

ーそうなんです!実際に娘に使わせてみたところタッチペンでやみくもに押すだけで。(櫻井)

ーうちの息子も!3歳の男の子なので、もう壊してしまいそうで……これでいいのかどうか不安になります。(佐々木)

いいんですよ! ほら、この地球儀は首都にタッチすると反応するでしょ。国を探せば一緒に首都も目に入りますから、自然と覚えると思いますよ。一般的な地球儀よりも文字が大きめなのも子ども向きです。何よりクイズ機能が最高です。だって、子どもに付きっきりで「イギリスはどこにある?」なんてクイズを出すのは大変じゃないですか。それを地球儀が肩代わりしてくれるんです!そのうちお子さんのほうが「お母さん、マリの首都はどーこだ?」なんてクイズを出してくれますよ。
家事をしながらでも「そんな国を知っているなんてすごいね!」「もっと教えて」と声をかけてくださいね。お子さんは褒められたのが嬉しくて、もっともっと調べ出します。そうなったらこっちのもので、後は勝手に調べて、勝手に賢くなってくれますよ。

「すごいね」「おもしろいね」「もっと教えて」は、
子どもの頭をよくする魔法の言葉

ー先生に「それでいい」と言ってもらえて安心しました!(櫻井・佐々木)

くれぐれも「説明を最後まで聞きなさい」なんて言ったらダメですよ。二度と触らなくなってしまいますから(笑)。あと、地球儀は必ずリビングの手に取りやすい場所に置くこと。子どもの関心なんて、もって30秒です。テレビで気になったら、すぐに手に取れる場所にないと意味がありません。もし、途中で興味がなくなっても叱らないでくださいね。子どもには本来、学ぶ力があります。大人が「ああせい、こうせい」と口を出し過ぎると、子どもは学ぶ喜びを感じられなくなります。親が言うべき言葉はたったの3つ。「すごいね」「おもしろいね」「もっと教えて」で充分。

ー人口や通貨、気候など何か1つを調べ始めると際限なく繋がっていきますね。(佐々木)

うん、「比較」ボタンで2つの国を比べるのもおもしろいですよね。たとえば「人口」のボタンを押して、日本とロシアを比べてみるでしょ。日本が約1億2000万人でロシアが約1億4000万人。でも、ロシアは国土が広大なので「ロシア、広くってもスカスカやんな」とわかります。世界地図と違い、正確な距離感をつかみやすいのも地球儀の良さなんですよ。ほら、地球儀でみるとヨーロッパと日本がどれほど遠いのかがわかるでしょ。歴史が始まったとき、マルコ・ポーロがはるばるポルトガルからやってきた重みが理解できます。「比較」「繋がり」がわかっていると、中学受験でも非常に有利です。もっと言えば、教科の垣根だってどんどん越えて学んでほしい。最近の出題傾向として、地理の知識を必要とする歴史の問題、理科がわかっていないと回答できない国語の問題など、丸暗記では太刀打ちできない問いがとても増えています。特に難関校はね。

ーうちの子どもはもうだいぶ大きくて、長男が高校生、長女が中学生なのですが、ふたりとも「この地球儀、試験に使える!」と喜んでいました(早川)。

でしょうね。地球儀は中学生、高校生こそもっと使うべきです。別冊付録「ワールドブック」を活用すると、さらにいいですよ。ほら、歴史年表があるでしょう。同時代に世界各地でなにが起こったのか一目瞭然。地球儀で位置を確認すれば完璧です。もちろん、これは中学受験にも役立ちます。

ーこの地球儀で子どもが社会科を得意になってくれたらいいなと……(早川)

これからのグローバル社会はオールマイティーな人間より、自分にしかできない何かを持っている人が重用されます。だからこそ幼児期に苦手なことより、まずはとことん好きなことをやらせ、学びに対する子どもの原動力を育ててください。パソコンのキーボードを叩けば、なんでも簡単に調べられる時代に一番大切なのは、お子さんが「自ら学びたい、知りたい」と思う力です。知識の大海へと自ら船を漕ぎ出す力なんです。「しゃべる地球儀」はすばらしいオールになって、広い世界へと誘ってくれると思いますよ。

小川先生、ありがとうございました。

「しゃべる地球儀」
小川先生 おススメの機能

日本地図

飛び出す日本地図で、47都道府県の情報もばっちりゲット!

地球儀の台座を引き出すと、操作ボタンとともに色分けされた日本地図が見られます。都道府県をタッチペンでピッとすれば人口・文化・歴史などの情報が楽しめ、日本の地理や歴史の知識が増えます。

「日本の地理や歴史を学ぶのに便利だと思います。」
7インチ大画面

クリアな映像で大事な知識がスルスル頭に入ります。

台座に備えられた7インチの大画面はココチモだけのオリジナル。「カントリーボタン」を押して調べたい国をタッチすると、その国の風景とともに最高責任者や首都、人口、面積などが映像で紹介され、短い旅番組を見る感覚で学習できます。

「画面が大きいので思わず見入ってしまいます。」
別冊付録ふろくワールドブック

まるで「しゃべる図鑑」!
別冊付録「ワールドブック」付き

地球儀と同じくタッチペンで触れるだけで、世界に生息する動物、ランドマーク、恐竜や世界史について、旅行ガイドのようにわかりやすく教えてくれるのが別冊付録の「ワールドブック」。地球儀で位置を確認しながら学べば、より効果的!

「タッチペンで触れれば、世界史も音声で
教えてくれて、おもしろい。」
情報アップデート

インターネット経由でいつでも最新情報にアップデート!

目まぐるしく変わる世界情勢を対応し、搭載された情報はインターネット経由で常に最新のものにアップデートできます。いつだって正確な情報が得られるほか、5―10歳、11―14歳、15歳以上と、年齢に合わせた3段階のデータを用意。幼児から高校生、大学生まで活躍します。

「インターネットで情報更新ができるのは、
便利ですね。」

地球儀は理科の学習にも使えます!

遊びながら、地球の自転が分かる。

地球儀というと社会、それも地理を学ぶツールだと思っていませんか?せっかく地球の地軸も正確に再現されているのに、それだけではもったいない!小川先生のおすすめは、親御さんを太陽に見たて、お子さんが地球儀回す「遊びながら自転学習」。「自転を理解するのはやっかいですが、これならお子さんにもすぐわかります。日本に太陽が当たっているとき、裏側のブラジルは真っ暗だよね。このとき夜なんだよ、と時差を教えるのもカンタンですよ」

▲お母さんを太陽に見たて、子供が地球儀をまわします。
しゃべる地球儀
しゃべる地球儀