大人の科学 プレミアムコレクション

通販限定 大人の科学 プレミアムコレクション 通販限定 大人の科学 プレミアムコレクション

「科学あそび」は、大人になっても面白い!

出版界の雄、学研よりかつて発刊されたふろく付き月刊誌『科学』と『学習』は子どもたちから大人気を博しました。その学研が、かつての少年少女たちに向けて再び世に送り出したのが、人気シリーズ『学研 大人の科学』です。
今回、その中から特に話題を呼んだ4タイトルを厳選。不思議と発見に満ちた「科学アイテム」に特別編集「ビジュアル読本」を付けた限定セットです。子どもの頃に感じた「科学あそび」のワクワクとドキドキの世界へあなたをご案内いたします。

「さすが学研!」と唸る内容。組立済み完成品のセットをお届けします。
科学の不思議と発見に出会える4つのアイテムは、小さいながら、どれも本格的。大人を夢中にさせるのに充分な機能と面白さに満ちています。届いたその日にすぐにお楽しみいただけるよう、組立済み完成品と、その仕組みまでひと目でわかる解説資料付きでお届けします。

大人の科学 プレミアムコレクション

商品の仕様詳細はこちら

価格 25,740 円(税込)

本商品は送料当社負担

数量:
  
お買い物かごに入れる

気になったらまずは
お買い物かごへ!

※購入はまだ決まりません

選択可能なお支払い方法

  • 代金引換利用可
  • クレジットカード(GMOマルチペイメント)利用可

お支払い方法について送料について返品について

※ギフトラッピングには対応しておりません。

・8日以内であれば返品可能
※未使用の場合に限る(試用・試着期間のある商品を除く)
・返品時の送料:お客様負担

お申込みから通常3~6日ほどでお届けいたします。

※地域・商品によっては、もう少し日数をいただく場合があります。

大人も子供も楽しめる!知識豊富な「ビジュアル読本」付き。

  • 写真家 本城直季氏、プラネタリウム監修 大平貴之氏、からくり師 九代・玉屋庄兵衛氏

    各分野の専門家が誌面に登場!
    遊び方、歴史、由来…を教えてくれます。

    読んでも楽しい「ビジュアル読本」を、1アイテムにつき1冊ご用意。科学アイテムの構造や歴史はもちろん、それぞれの分野の専門家や愛好家に登場していただき、アイテムの遊び方など詳しく解説しています。豊富なビジュアルと洒脱な文章が、あなたを知的興奮の渦に誘います。

  • 光学、電気、地学、天体 科学って楽しい!

    遊びながら親しむ科学の世界。
    お子様、お孫様と一緒に楽しめます。

    「わぁ、どうして動くの?」「なんで音が鳴るの?」等々、お子様、お孫様の目もきっと輝くことでしょう。二眼レフカメラ、プラネタリウム、からくり人形…と続くラインナップは科学を遊んで学べる優れた教材でもあります。ぜひこの機会にご家族や同好の士でお楽しみください。



夢中で遊べる!「学研の科学」ならではのワクワクがここに。

  1. ピンホール式プラネタリウム

    自宅で映すのにピッタリのホーム・プラネタリウム。現実の夜空では肉眼で見えない、7等星まで再現するこだわりが、星空の奥行きと迫力を生みました。驚かされるのは、微細なピンホールから映し出される「天の川」!
    ※2013年発行「大人の科学マガジン」のふろくの、特注フィラメント電球を使用したピンホール式プラネタリウムです。
    ※本品は北半球を中心とした星空をお楽しみいただけます。


    ・恒星球:白く見える無数の点が、星を投影するためのピンホール。このピンホールを通した光が、星空を表現する。

    ・架台:星の動きを表現するため、恒星球を自動的に回転させる機構が組み込まれている。


    【ビジュアル読本】主な内容

    ●対談 大平貴之 × 篠原ともえ
    ●ピンホールで星が映るしくみ
    ●きれいな星空を映す豆電球をつくる
    ●プラネタリウムで見る星図

    学研特注のフィラメントを使用

    より綺麗に、よりリアルな星空を再現するために、このピンホール式プラネタリウムでは、特別に発注した極小フィラメントによるオリジナル豆電球を使用しています。この電球のおかげで、一つひとつの星が、よりくっきりと映し出されます。

    専用電球の光が、恒星球のピンホールを通ると星空として投影されます。自動回転機構が組み込まれており、星の動きを観察することができます。

    プラネタリウム・クリエイター
    大平貴之氏による監修

    対談 大平 貴之 X 篠原ともえ ピンホール式プラネタリウムで見る星空の魅力▲大平貴之さん

    ギネス認定されたプラネタリウム「メガスター」の開発者で、プラネタリウム・クリエイターとして活躍中の大平貴之さんに、本製品の監修をしていただきました。付属の『ビジュアル読本』では大平さんと篠原ともえさんとの対談も収録し、本製品の魅力について大いに語っていただいています。

  1. 35mm二眼レフカメラ

    フィルムを使って撮影する、本物の二眼レフ。すりガラス状のファインダーに浮かび上がる被写体に、ゆっくりとピントを合わせてシャッターを切る。「フィルムで写真を撮る」という楽しさにまた出会えるレトロなカメラです。


    ・ファインダー:被写体が左右逆に映る。

    ・ビューレンズ:ファインダーの像を映すためのレンズ。

    ・撮影レンズ:実際に撮影されるのは、こちらのレンズを通した像。

    ・ピントダイヤル:ここを回して、ピントを調節。

    ・ファインダーフード:ここを開けて撮影開始。

    ・シャッターレバー:レバーをゆっくり下してパシャリと撮影!

    ・フィルム送りノブ:このノブでひとコマ分、フィルムを送る(いわゆる「フィルムの巻き上げ」)。


    【ビジュアル読本】主な内容

    ●二眼レフカメラ進化論
    ●二眼レフカメラと過ごす時間
    ●玩具カメラコレクション
    ●ミニチュア写真に挑戦


    味わいのある写真が撮れる!

    ココチモスタッフが実際に撮った写真です。

    すりガラス状のファインダーを覗けば、いつもの日常風景も新鮮に見えてくる…パシャリとシャッターを切り、現像ができあがるまでドキドキです!

    上から覗く二眼レフカメラ

    上下に二つのレンズが配置された二眼レフ。上のレンズはファインダーに像を映すため、下は実際に撮影するためのレンズです。一眼レフと違い、シャッターを切る瞬間にミラーを跳ね上げる必要がないため、よりシンプルな機構になっています。上からファインダーを覗く独自のスタイルは、二眼レフならではの魅力です。

    この曲線がポイント!

    ビューレンズを通して見える像でピントを合わせ、撮影レンズを通した光でフィルムに撮影する仕組みです。

  1. からくり茶運び人形

    江戸の天才からくり師、からくり半蔵の設計書をもとに作った卓上サイズの茶運び人形。お盆に戴せた茶碗をお客の所まで運び、元の位置に戻ってくる…一連の動作を電池無しで行うさまは、まさに「からくり」!


    ・首:おじきをする機構が組み込まれている。

    ・腕:人形の動作を止めたり、動かしたりするスイッチの役目になっている。

    ・茶碗:茶碗をお盆にのせると人形が動き出す!


    【ビジュアル読本】主な内容

    ●茶運び人形の東京行脚
    ●機巧図彙とからくり半蔵
    ●ジャポニエンスミュージアム
    ●ロボットクリエイター、からくりの匠に会いに行く

    ▲江戸時代の機械設計書『機巧図彙(からくりずい)』の記述より再現。

    江戸時代に発展した「からくり」とは?

    「からくり」は、鎖国時代の日本で、独自に発展を遂げた自動機械の技術です。戦国末期に流入した機械時計などの西洋の技術と、日本独特の創意工夫と遊び心が融合し、多くの傑作が生まれました。

    お盆に茶碗をのせるとスイッチオン!ゼンマイを動力源にして、前進、方向転換、首振り動作を次々に行います。

  1. 電子ブロックmini

    昭和40年代に発売され、まさに一世を風靡した、あの「電子ブロック」が、ミニサイズで蘇る!ラジオやウソ発見器、時限タイマーなど、『ビジュアル読本』に掲載された50種類の回路図で心ゆくまで遊んでください!


    ・ICアンプ・スピーカー:音を増幅して出力する。

    ・ボリュームつまみ:アンプの音量を調節する。

    ・チューニングノブ:ラジオ局の選局をしたり、一部の発振回路などで使う。

    ・+(プラス):電池のプラス(4.5V)に接続されている。

    ・−(マイナス):電池のマイナス(0V)に接続されている。


    【ビジュアル読本】主な内容

    ●昭和が薫る、なつかしの電子玩具・電子ブロッククロニクル
    ●電子部品図鑑
    ●電子ブロックmini回路集

    例えばこんな電子部品が入っています

    トランジスタ
    ①小さな電流を大きくする。
    ②電流のON/OFFをコントロールする。

    LED(発光ダイオード)
    電流を流すと光る!赤く光るものと緑に光るものが1つずつ入っています。

    上記の他、計7種類・全25個のブロックが付属。これらを組み合わせ、さまざまな回路を働かせることができます!

    昭和の子どもの憧れ 電子ブロック

    高度経済成長の真っ只中、昭和の子どもたちの心を鷲づかみにした科学玩具「電子ブロック」。東京オリンピックの翌年に、名古屋の会社で生まれた電子ブロックは、70年代初めに学研との提携により全国的な大ヒット商品になりました。本品は76年に登場した「EXシリーズ」のミニ版です。小さいながらも本格的な機能を持った電子ブロックです。

    ▲ラジオ、アンプ、シンセサイザーなど色々な回路を作って遊べます!

「学研 大人の科学」とは?

▲学研科学創造研究所所長 
湯本博文

昭和30年代から50年代にかけて大ヒットした学研の『科学』と『学習』。その購読者であるかつての少年少女たちのために企画されたのが『大人の科学』です。実際には、幅広い世代の方々に楽しんでいただいていることに、企画者として嬉しい驚きを感じています。

湯本博文 プロフィール
学研入社後、「○年の科学」シリーズの企画・編集に携わり編集長を歴任。その後「大人の科学」シリーズ開発を担当。各種講演やTV番組など幅広く活躍。

ご購入記念3大プレゼント

①35mmフィルム(24枚撮り)
撮影に必要な35mmフィルムをプレゼント!届いてすぐに撮影をお楽しみいただけます。
仕様 ●枚数:24枚撮り(1本)
●ISO感度:ISO100

②カメラストラップ
持ち運びに便利なストラップ。撮影時も姿勢が安定し、キレイな写真が撮れます。
仕様 ●長さ(約):89cm
●素材:ナイロン製

③懐かしフォトアルバム
二眼レフで撮った写真を入れるのにお使いください!
仕様 ●サイズ(約):204X139mm
●写真収納枚数:24枚

商品仕様

大人の科学 プレミアムコレクション

商品仕様詳細を見る

ピンホール式プラネタリウム

サイズ約130×130×310mm
重さ約200g(電池含まず)
企画日本
製造中国
備考※単2形乾電池2本使用(お試し用電池付き)
※2013年発行「大人の科学マガジン」のふろくの、特注フィラメント電球を使用したピンホール式プラネタリウムです。

35mm二眼レフカメラ

サイズ約80×115×70mm
重さ約130g(フィルム含まず)
企画日本
製造中国
備考※35mmフィルム使用
※ズームはできません

からくり茶運び人形

サイズ約125×65×85mm
重さ約74g
企画日本
製造中国

電子ブロックmini

サイズ約158×110×29mm
重さ約185g(電池含まず)
企画日本
製造中国
備考※単4形乾電池3本使用(お試し用電池付き)
※回路図50種、リード線2本、イヤホン、マイクカバー付き

※商品の分売はいたしておりません。あらかじめご了承ください。

※モニター環境により、実際の商品と多少色味が異なって見える場合がございます。

大人の科学 プレミアムコレクション

商品の仕様詳細はこちら

価格 25,740 円(税込)

本商品は送料当社負担

数量:
お買い物かごに入れる

気になったらまずは
お買い物かごへ!

※購入はまだ決まりません

選択可能なお支払い方法

  • 代金引換利用可
  • クレジットカード(GMOマルチペイメント)利用可

お支払い方法について送料について返品について

※ギフトラッピングには対応しておりません。

・8日以内であれば返品可能
※未使用の場合に限る(試用・試着期間のある商品を除く)
・返品時の送料:お客様負担

お申込みから通常3~6日ほどでお届けいたします。

※地域・商品によっては、もう少し日数をいただく場合があります。

商品情報
商品情報

大人の科学 プレミアムコレクション

本商品は送料当社負担

商品の仕様詳細はこちら

「科学あそび」は、大人になっても面白い!



夢中で遊べる!「学研の科学」ならではのワクワクがここに。

大人も子供も楽しめる!知識豊富な「ビジュアル読本」付き。

  1. 35mm二眼レフカメラ

    フィルムを使って撮影する、本物の二眼レフ。すりガラス状のファインダーに浮かび上がる被写体に、ゆっくりとピントを合わせてシャッターを切る。「フィルムで写真を撮る」という楽しさにまた出会えるレトロなカメラです。


    ・ファインダー:被写体が左右逆に映る。

    ・ビューレンズ:ファインダーの像を映すためのレンズ。

    ・撮影レンズ:実際に撮影されるのは、こちらのレンズを通した像。

    ・ピントダイヤル:ここを回して、ピントを調節。

    ・ファインダーフード:ここを開けて撮影開始。

    ・シャッターレバー:レバーをゆっくり下してパシャリと撮影!

    ・フィルム送りノブ:このノブでひとコマ分、フィルムを送る(いわゆる「フィルムの巻き上げ」)。


    【ビジュアル読本】主な内容

    ●二眼レフカメラ進化論
    ●二眼レフカメラと過ごす時間
    ●玩具カメラコレクション
    ●ミニチュア写真に挑戦


    味わいのある写真が撮れる!

    ココチモスタッフが実際に撮った写真です。

    すりガラス状のファインダーを覗けば、いつもの日常風景も新鮮に見えてくる…パシャリとシャッターを切り、現像ができあがるまでドキドキです!

    上から覗く二眼レフカメラ

    上下に二つのレンズが配置された二眼レフ。上のレンズはファインダーに像を映すため、下は実際に撮影するためのレンズです。一眼レフと違い、シャッターを切る瞬間にミラーを跳ね上げる必要がないため、よりシンプルな機構になっています。上からファインダーを覗く独自のスタイルは、二眼レフならではの魅力です。

    この曲線がポイント!

    ビューレンズを通して見える像でピントを合わせ、撮影レンズを通した光でフィルムに撮影する仕組みです。

ご購入記念3大プレゼント

①35mmフィルム(24枚撮り)
撮影に必要な35mmフィルムをプレゼント!届いてすぐに撮影をお楽しみいただけます。
仕様 ●枚数:24枚撮り(1本)
●ISO感度:ISO100

②カメラストラップ
持ち運びに便利なストラップ。撮影時も姿勢が安定し、キレイな写真が撮れます。
仕様 ●長さ(約):89cm
●素材:ナイロン製

③懐かしフォトアルバム
二眼レフで撮った写真を入れるのにお使いください!
仕様 ●サイズ(約):204X139mm
●写真収納枚数:24枚

商品の詳細

大人の科学 コレクション